10月の新型コロナ新規感染者数は、各市で前月感染者数の1割程度となり、第4波を上回る速度で減少している。

 同月の感染者数は、大阪狭山市9人(前月比89%減)、富田林市15人(前月比91%減)河内長野市20人(前月
比90%減)。

 府では、病床使用率が、4%(11月14日現在)と減少し、10月25日から営業時間短縮や酒類提供の自粛要請を解除した。だがウィルスがゼロになったわけではないので、引き続き感染予防対策として特に会食の4つのルールを呼び掛けている。▽同一テーブル4人以内▽2時間程度以内での飲食▽マスク会食の徹底▽ゴールドステッカー認証店舗の推奨。(大阪狭山市、富田林市、河内長野市で登録店舗566件11月11日時点)各市でも、公の施設の利用時間を
通常開館(一部利用制限あり)とした。

 各市ワクチン接種の対象者(12歳以上)接種率は、大阪狭山市1回目75・5%、2回目73・1%(11月8日現在)、富田林市1回目85%、2回目84%(11月10日現在)、河内長野市1回目84・6%、2回目82・3%(11月15日現在)。

#大阪狭山市 #富田林市 #河内長野市 #新型コロナ #感染者数 #新規感染者

あなたにおすすめの記事