10月30日、狭山池公園北堤で、地域で採れた野菜を販売する「野菜マルシェ」とキッチンカーの初めてのコラボが行われた。

 地元の新鮮な野菜が安く手に入るとあって、開始前から長蛇の列が。採れたての下仁田ネギやピーマン・カブラ・ホウレン草などが100円、レモングラスや生落花生など珍しい野菜も並び、3台の軽トラックの積み荷いっぱいに用意されていた野菜は、開始5分で売り切れ。慌てて、追加分を倉庫から運びこんでも、またすぐに売り切れる状態で、汗にまみれながら、野菜が入った段ボールを抱えて倉庫と軽トラックを往復する関係者の姿が見られた。

 主催の狭山池土地改良区は、狭山池の水を農業用水として地域に送る仕事をしており、今回、初めてのイベント。こんなにたくさんの人に喜んでもらえてうれしいです(同土地改良区の武内さん)と、満面の笑顔。来場者も袋いっぱいに野菜を抱えて、「安いからいつもの倍買いました!」と好評。「次はいつやるの?」と、早くも2回目を希望する声も。

 「今回は夏野菜と冬野菜の過渡期で野菜を集めるのが大変でしたが、シーズンの野菜を用意して、ぜひ第2回目を開催したいです」と、武内さん。

#大阪狭山市 #狭山池 #キッチンカー 

あなたにおすすめの記事