12月1日~26日、赤坂台近隣センターの「農家の台所」で、中野倫子さん(赤坂台5丁)が絵画展を開く。日・祝休み。10時~6時(土曜4時まで)。

 中野さんは学生時代や老大で絵を学び、地域のサークルなどで精力的に描いている。キャンバスから溢れ出さんばかりの鮮やかな色使いが特徴で、特に人物画では下地に赤を塗り、その上に色を重ねて肌の温かみを表現している。
 夫の利信さんと二人展を開くなど二人三脚で絵を描いてきたが、3年前に利信さんが亡くなった。一時はふさぎ込んでいたが、再び描くことで元気を取り戻した。「最近、夫の画風に似てきたと言われます」と。

 真っ赤な背景が印象的な人物画「そうだね。次は何をしようかな?」、長年描きたかったテーマで幻想的な「あっ そうか そうだったのか?」、スペインの街角を描いた「昼下がり」など出展予定。072-291-9877