中区東山の呉服店「着もの語り なごみ」072・236・5556では、19日~21日の期間中「現代ガレ展ガラスの宝飾品&エミールガレが愛したジャポニズム Kimono」と題し、日本・ルーマニア伝統文化交流会を開催する。ガレは、アールヌーボー(新しい芸術)を代表するガラス芸術家であり、陶器・家具のデザイナー。その作品は、植物や昆虫をモチーフとした自然主義と、日本文化の影響(ジャポニズム)を受けた山水画文様を特徴としている。

 イベントでは、ガレの作風を受け継ぐ職人たちの工芸品や、ガレの世界を着物で表現した「日本発 ガレブランド着物」を展示。開催は10時~17時。ぜひこの貴重な機会に、美しきルーマニアの文化に触れてみては。

 なお、同店の着付け教室「結心」は、感染拡大にしっかりと配慮しながら、6月から再開している。イベントおよび着付け教室への問い合わせは、電話またはホームページから。https://nagomi-kimono.com/

泉北コミュニティ掲載 堺市中区 泉北エリア 6月のイベント 日本文化

「着もの語り なごみ」の関連記事

店名着もの語り なごみ
営業時間開催時間10:00~17:00
住所大阪府堺市中区東山1105
電話072-236-5556

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です