多治速比売神社で6月30日、「夏越(なごし)の大祓い」が行われた。一年の折り返し点にあたるこの日、境内の拝殿前に大きな円形の「茅の輪」を設置。ときおり雨が降る一日だったが、マスク姿で訪れた人らが次々と茅の輪をくぐって参拝していた。

 茅の輪を8の字を一回半描くように左から右、左と3回くぐると今年前半の罪(けがれ)が落ち、残りの半年を無病息災に過ごすことができると言われている。

 拝殿横には紙の人形(ひとがた)も用意され、参拝者らが自分の名前を書き込んでいた。これで体をなでて息を3回吹きかけると、半年の厄を人型に託せるという。また「茅の輪」が描かれた季節限定御朱印を求める人の姿も。

天の川と朝顔の御朱印も

 7月には七夕の笹、そして星が輝く天の川と、季節の花・朝顔が描かれた新しい御朱印も登場している。二つ折りの書き置きのもの。

#堺市南区 #夏越の大祓い #多治速比売神社 #茅の輪 #御朱印 #たじはやひめじんじゃ

あなたにおすすめの記事