21日昼頃から、南区内(深阪南、三原台、原山台地区等)を中心とした複数のご家庭に、警察官をかたる者から「詐欺グループを捕まえて押収した名簿に、お宅の電話や氏名等が載っていた」「詐欺の犯人を捕まえて、あなたの通帳やキャッシュカードを預かっています」等という、嘘の電話が連続してかかっていると、南堺署から安まちメールが配信されています。
これは、詐欺の犯人からの犯行前の事前電話(アポ電)です。キャッシュカードの暗証番号は絶対に教えないでください。

アポ電は、同じ地域で連続発生する傾向にあります。
このような電話があれば、すぐに電話を切り、家族や友人、警察等に「確認、相談」してください。

ご家族や周りの方にも、ぜひ注意喚起をお願いします。

1件のコメント

  • まゆげ :

     ウチの母にも、南堺署の署員を名乗るそれらしき電話がかかってきました。1度電話が切れましたので、2度目は娘である私が電話で応対し、怪しかったので「折り返しますので、電話番号を教えてください」と言うと切れました。
     その後、南堺署に電話をし、そのような事実があるのか問い合わせましたら、署内の発信履歴と署員名を確認してくださり、該当名の署員も在籍しておらず、発信履歴もないとのことでした。
     同様の電話があれば、所属部署名と名前を確認し、警察に問い合わせてみるといいかもしれません。
     因みに、ナンバーディスプレイには「表示圏外」と表示されていましたので、番号表示されていない電話には出ない方がよいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です