3日夕方、南堺署と鉄道警察隊は、「秋のちかん追放キャンペーン」を実施。
泉ヶ丘駅前で、電車を利用する学生や通勤客に啓発品を配布し、ちかん追放を呼びかけた。

例年、6月頃から秋にかけて、最も被害が多くなる傾向にあるという。被害に遭っても届け出ない方もいるため、認知件数の約5倍の被害が予想される。
鉄道警察隊では、24時間女性の警察官が常駐している。被害に遭われた場合は、我慢せずにご相談を。また「周りで被害を見かけたら、声を掛けてあげましょう」と呼びかけた。

痴漢被害に遭われたり、見かけられたら、駅係員または警察官にお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です