ショップタウン泉ヶ丘三番街2階、シャローム株式会社「かいごの窓口 泉ヶ丘」072・291・0200で、7月18日13~14時半に、「認知症サポーター養成講座」を開講する。同講座は、大好評のため定員オーバーした「認知症サポーター養成講座」の第2弾(5月に開催されたものと内容は同じ)。
堺市に登録する認知症キャラバン・メイト(所定の研修を終えた認知症サポーター養成講座講師)が行う。受講料無料。年齢性別問わずどなたでも。先着20人。申し込み締め切りは、7月12日(定員に空きがある場合は、締め切りが延長となる)。電話で申し込みを。営業時間9時半~17時。土日祝休。

「認知症サポーター」とは、厚生労働省が推奨する「認知症サポーター養成講座」を受講した人なら誰でもなることができ、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を応援し、誰もが暮らしやすい地域を作っていくボランティア。何か特別なことをするのではなく、認知症に関する正しい知識と理解をもち、地域や職場で、認知症の人や家族に対してできる範囲で手助けをすることが主目的で、認知症サポーターの数は現在1000万人を超える。受講者には、講座終了後、認知症への理解を深めた目印として、オレンジリング(オレンジ色のブレスレッド)が渡される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です