今年も無事「上神谷米」の収穫が終わった。昨年は西日本を中心に稲の大敵ウンカが発生したが、今年は大きな病虫害の影響なく順調な収穫となった。

 「上神谷米」はモチモチとしたバランスの良い粘りと甘味がおいしいと評判の堺市のご当地米。山のきれいな湧き水と良質の土壌、昼夜の寒暖差、と米作りに適した地区で栽培され、注目を浴びている。

 富蔵地区の稲作農家、峯野繁信さん(92歳)は米作り75年の大ベテラン。92歳とは思えないほど足腰もしっかりしていて軽々と作業をこなす。先人の思いを引継ぎ、そして未来へとつないでいくために、長年の経験で培ってきた米作りに関する知識や技術、土づくり、歴史などを惜しみなく次世代の人へ伝えている。「生まれ育った富蔵地区の農業を、これからも守っていきたい」と思いを語る。

 峯野さんと共に米作りを追求する上野信秀さんが店主の「リカー&ライスショップウエノ」(釜室)072・297・0087では上神谷米を販売中。

 

#堺市南区 #リカー&ライスショップウエノ #上神谷米

 

 

店名リカー&ライスショ ップウエノ
住所堺市南区釜室143-1
電話072-297-0087

あなたにおすすめの記事